優香似の関内の人妻、電マで乱れる

ラブホでちゃぷちゃぷと、楽しいお風呂タイムを過ごした僕と優香似の人妻。

僕は今日、電マプレイを楽しみたかったので、彼女からしかけてくるご奉仕プレイはそこそこに、今日は彼女のことを電マでせめることにしました。

そんな関内の優香似の人妻の反応がセクシーで艷やかで。
あ~、最上級の人妻だと思います。上玉上玉。

電マで乱れる関内人妻デリヘル嬢

僕はまず、電マで優香似の人妻の腰あたりを刺激しました。
少し声をあげたように思いますが、かすかに聞こえるその声がセクシー。

そして優香似の人妻の、程よく筋肉がついた足のあたりを刺激。
体がビクッとなるのが楽しいです。

優香似の人妻は「焦らすのがお上手ですね」と言ってきましたが、それから10分はそうしていたと思います。

そして優香似の人妻の胸に到達。優香似の人妻は、ラブホの部屋全体に響き渡るような大きい喘ぎ声を発しました。

そんな反応をされたら余計にいじめたくなるので、電マのスイッチを中から強に。
まだ下半身を刺激しているわけではないのに、すでに果てそうになっている彼女。
それを見るともう我慢できなくて。

僕は、当初の予定を変更し、69でイカせてもらうことに。
そして満足した僕でしたが、果てた後は、添い寝タイムに。

「夫とは電マプレイなんてするの?」と聞くと「夫はノーマルなことしかしないから電マなんてされたことありません」とのことでした。

電マ自体は初めてではないのだろうけど、夫としていないエッチを僕がしてやった、という一種の優越感に浸ることができて、とても満たされました。

添い寝タイムが終わると、彼女に服を着せてもらい、髪を整えてもらう僕でしたが「こんな女性が妻だったらな」と思いました。

現実は悲しい独身貴族ですが。
でも、きっとないものねだりで、結婚したらしたで「家庭に縛られるの嫌」とか僕は思うタイプかもしれません。